子ども達の成長

子ども達のレッスンの状態、先生の教え方を時々参加してみています。


今年の4月頃から夏までは、教室に入らず、寂しいけど監視ロボット君経由モニターから見ていました。子ども達は外国人のお姉さんたちには直ぐなついたのに、僕には緊張するので😁 でも、最近は子ども達は僕がいても全然気にせず先生とのやり取りに熱中していますし、だから、観察も可能。会話してくれます。嬉しい時間です。 みんながモニターレッスンを始めて5~8ヶ月になりました。 生徒全員すっごく頑張ったなぁ~先生もすっごく頑張ったな~と思う今日この頃。 どちらも僕の大切な存在です。


4月5月、新1年生はほぼコントロール不能でした😅 「風船~!!! ! できないなら帰る!」と泣く子も。 でも今は、そんな早生まれの子も、レッスン中は真剣にぐぐっと先生とのやり取りに集中しているのがわかります。終わるとスッキリした感じがまた良いのです。ときには早く来て学校の宿題をダイニングでしてたり。随分と成長。うんうん。


高学年の子も4月、ほぼ英語は白紙。 聞いても何も~状態😨。学校で4年生のときに何もしていないわけではないはずだけど… どこまで理解できているんだろう?って言う状況。でも好きできてくれているから大丈夫!夏頃から少しずつ変調がみられました。そして6ヶ月、英語の日記例文を渡し、「来週ビデオ取りるからね!」と宿題にして読んでみたり。そうこうするうち、8ヶ月になりました。

そして、今日はちょっとびっくり?とっても嬉しかった状況!!! お~、スラスラスラっと読むし答えるし、新たな単語を見せられて文字を覗きながらちゃんと発音を想像して答えるし。変わった😊 来年にはクラスで1番?2番?になるくらいにしてあげたいな。 思わず、「来週はケーキ作る?」 と言ってしまいました。 ご褒美。 生徒2人とも嬉しそうな顔で「うん」「英語レッスンだよ」「うん、いいよ」


言ってしまった後で、「う~ん、どうしよう」嬉しい悩み。そして、レシピ選びと簡略化の思案。僕が言った以上、あの笑顔の返事がある以上、 子供らしく。でも、子供だましではいけない。 1時間で作れるケーの為に、中間材を仕込み中😉