​  レッスンの組み方 
HOW TO BUILD MY LESSON PROGRAM

 
幼児・小学生・中高生の場合

STYLE    いつ、だれと、どんなやり方でどのくらいの期間?

 

 

お打ち合わせと体験レッスンの結果を確認しながら、お子様に合ったレッスンを組んでいきます。

EXPECTATION                    保護者としての期待と目標、関心事、優先順位

CONTENTS                    標準コースご希望?お子さまの状況に合わせた個別内容をご希望?

LEARNING BALANCE              おうちでの予習または復習への対応は?どのように行いますか?

CHARACTER & CHEMISTRY        お子様のレディネスや特性、好み、レッスンとの相性

 

 

 

 

TIME WINDOW        レッスン枠の空き状況

                        

 
基本の要素
どんなレッスン?

「まだ幼児。まずは、楽しく経験して、英語も好きになってくれて、英語の発音が少しでも良くなればと思って、後々困らなければ...」

総合コース“Let's PLAY!!!&Phonics+"

(幼児で最も一般的な進め方のコースです。1年生も英語お初ならこのコース)まずは少しの単語を題材に、いろいろな活動、先生とコミュニケーション。音にも文字にも慣れていってもらいます。お母さんもご一緒もOK。

「小学校は、ほんの少しの時間だし大人数の英語授業。それで話せるようになるとは思えません。英語は絶対必要な時代。あとで苦労しない得意で好きな科目になってもらいたいと思っています」

総合コース“ComprehensiveES series & Phonics+"

(小学生で最も一般的なコースです。レベルに合わせいろいろな教材で。楽しく、でもしっかり定着を目指して、先生や友達とクロスコミュニケーション。1~3人で集中して、総合的に使える4技能の英語を目指します。

「私立です。今の小学校、1年生から週3~4コマ学校で学んでます…ちゃんと問題なくついていけ話せる様に」

「将来夏季ホームステイできるぐらいの状態のを作っておきたいです」

カスタム“Free Design”

(お一人、または学校のお友達と。​学校の教材も含めて気にかけながら着実で良い成果を。早めスピードで総合コースを。)

「うちの子、英語が好きなので、しっかりと英語を話す時間を取って伸ばしてあげたいんです。」
「うちの子小学校の授業、あまり理解していないみたいなんです…」 (5~6年生)

プライベートで 先生におまかせコース
1~2(1+1や1+0.5+0.5)

お子さま一人ひとりの関心や課題に合わせて調整、集中的に強化やリカバリーを。得意なお子様にはモチベーションを上げる内容を探りながら。弱いお子様には、原因をはっきりさせて消込を。

「ちょっと遠くて送り迎えの時間の問題もあるので...少し遅い時間にお願いできますか?」

プライベートで
(都合の合う時間)

お勧めの“One more

(グループレッスンの場合は、一人ひとりを丁寧に気にかけていますが、そうは言っても少しずつ違いが出てきます。望ましいのは一緒に楽しくグループレッスンをしつつ、それぞれがそれぞれに合わせてよく伸びること。お勧めは、よく分かっているお子さんには拡げる+0.5コマ(オンラインでも良いので)を、ちょっと遅れているお子様にはグループレッスンの予習の0.5コマで、グループ本番を楽しく&理解定着のグループレッスンに)。同じクラスでもそれぞれがそういう先生と1対1の時間を少し持つだけで成長はガラリと変わってきます。

 ご決定までの流れと開始後フォロー
1. TALK

2.MEET

3.TRY
4.START
5.SHARE

1.お子様のこと、思い、疑問点などお話し頂き、私達との会話の中でイメージをしていただきます。

  • お話を伺いながら、私達の経験・知見・考えもお話をさせていただきます。

  • ご関心のあるコースの狙いや効果の実感、やスクールで可能な対応、その他をお話させていただきます。

  • 実際の部屋、(標準で揃えている教材など)教材サンプルをご覧いただけます。

 

2.お子様と対面させていただいラポールをとります(上記1同時または、後日にて行います)。

  • お子さまが先生を好きになれそうか?一緒に英語をやっていきたいか?の思いが一番大切です。そのための準備です。

  • 同時に、英語レベル他レディネスを簡単に確認させていただきます。

(年齢で内容は異なります。)

3.お試しレッスン(または見学)を行い、雰囲気や続けていけそうかを確認いただけます。

以下の3つのパターンから選ぶ事になります。ただ、実際には上記2のみでご決定のお家も多いです。

  • 他のクラスの見学でCPCEの進め方や雰囲気のイメージを掴んでいただくことが可能です。

  • お子さまでお試し参加できそうな雰囲気のクラスがある場合はご案内させていただきます。

  • プライベート(グループ含む)などでは個別に先生とレッスンをお試しも可能です。

※CPCEは各クラスでお子様の状況に合わせレッスンの内容範囲や順位、進捗を調整していきます。楽しく活動モードやホワイトボード活動ワークシートのお勉強モードなど、毎週いくつかのパターンを行いますが、同じ学年・年齢でもその時々で変わります事ご了承ください。

※幼児でも小学生低学年でも、お子様が親に見られるのを嫌がる場合が結構あります。その場合は終了後にお子様に感想をご確認ください。(ご覧になれない場合も隣の部屋で待機し声を聞くなどは可能です。事前にご要望があればビデオ見学も可能です。) 

4.お子様の感想をご確認いただき、検討継続のご判断を頂きます。実際の進め方の合意でスタートとなります。

 

5.適宜継続的に保護者様と情報を共有させていただきます。

  • 日頃から、感じる課題点や良い点を率直にお伝えします。小さいお子様の場合で玄関先までお迎えがある場合は都度、先生が当日の学習内容や宿題と合わせお伝えしております。そうでない場合も必要に応じ、適宜LINEなどで連携を図ります。

  • 必要と感じたケースでは、お家での対応・過ごし方へのお願い/ご提案、レッスンの組み換え、方法変更のご提案、ご意見頂戴などをさせていただくことがあります。​​

学習内容と通い方の具体的な検討例

一旦基本の学習内容をイメージしてください。

  • 総合的向上なのか特定部分を補うのか?短期希望か数年スパンでの成長のご相談なのかを確認させていただきます。

  • 現在標準的なコースはLet's PLAY!!! & Phonics+(幼児)、Comprehensive-ES series & Phonics+(小学生)です。短期1年で小学校のおさらいを週1コマでご希望ならフォニックス迄入れるのは難しいですし、逆にフォニックスのみをご希望の場合もあろうかと思います。また、私学などで学校教材に合わせた勉強などがご希望などでも構いません。小学校高学年や中学生であればご本人のインタビュー、関心事や課題意識を重視します。

  • Privateの場合はコース内容はいつでも変更可能です。本人の興味関心事項に合わせ、弱みに合わせ、調整が可能です。

  • Openコースは通常は上記の標準的なコース内容を採用します。ただし、進捗や内容のバランス、宿題の量などは、先生チームにお任せいただきます。先生は日々そのクラスの一人ひとり&全体のバランスを見てよりベターな状況を求め調整していきます。

  • Openコースで総合の時間を作り楽しい感覚を育て、それにプラスアルファで少しPrivateでもっと先生の音に集中の時間とか興味関心を題材に応用編、弱み克服を考える方法もあります。この方法は本人納得ならとてもお勧めです。

  • 検定とCPCEの教育)保護者様の中で検定通過を強く意識化・重要視されている場合はそれに合ったスクールをご利用ください。試験範囲を講義とドリルで埋めるカリキュラムを進めるのは簡単な事ですが、お受けしません。受験通過狙いにはそれ用のHow Toがあり、早期での通過重視への注力は「英語を使えるようにする」とは別物になり、それを強く希望の保護者様のご要望を正面からお受けするのは私達のやりたいことと合わないのです。一方で、お子様本人が日頃総合的に学ぶ中で真に自律的にそれを1つの自己評価指標とする場合には喜んで子ども達に出来る限りのサポートしてあげたいと考えております。私達のレッスンの向き合い方を少しだけ経験事例を通してお話しますのでよろしければご確認ください。

他の生徒さんとの組み合わせ希望を確認ください。

  • お子様の希望を大切にしてください。1名で集中したい/先生を独り占めしたいお子さん、1人2人でも一緒に学ぶ友達の欲しいお子さん、両方います。正解は本人の熱心になれる環境・集中できる環境です。まずは「先生と一緒にいたい」という1年間を過ごしながら少しずつ意識が変わって無言なお子様状態から変化を始める小さいお子様のケースもあります。お話ができて、いっぱいお話したい子もいます。知らない子とCPCEで2-3名クラスの友だちになりいつも楽しく笑いながらレッスンして伸びていく子達もいます。最終的なゴールに向けての登り方はいくつかあるのです。
    ただし、Openタイプはいくつかの条件があり、必ずしもその場ではお受け出来ない場合、基本的にプライベートでお願いする状態や内容という場合もございますことはご承知おきください。

週あたりの学習時間をイメージしてください。

 

  • CPCEのオープンコースは基本的には低学年までは週1コマ設定です。小さいときから長い期間、慣れながら学校で困らないようにという学習スピードです。4年生以上・5級超えぐらいになると1.5コマのケースが増えます。実践と知識習得の相乗効果を意識した時間としては、1コマではあまりにも足りなくなるからです。集中力も1.5コマ(2名の教師交替が通常)まで続きます。

  • プライベートでしっかり前に進む感じなら、合計で2コマなどもあるかもしれません。

  • 中学生なら1名の先生で目的的に集中しての2コマや、理解と実践定着を1コマずつの場合もあるでしょう。一時期のみ倍の練習でスタートダッシュであったり基礎固めとし、2年目からレッスン時間数を減らして自力学習を増やした巡航速度に落ち着かせる方法もあります。

  • お家でどの様に毎日少し学習時間を作れるか考えてください。お子さんご自身で学習が可能ですか?(これは、児童の場合は保護者様がおうち学習サポートを行えますか?とイコールです。これ、親による子どもの学習到達度や宿題こなしのチェックでも「やりなさい」「やった?」ではなく、片言でいいので一緒に学びながらでもいいので、親が英語で話しかける5分10分の英会話です。保護者様が英語ができないなら1週に1フレーズを決め、日常日本語フレーズを英語化しましょう!お手伝いします)。それとも、週に1回だけでも30分(オンラインであれなんであれ)でも先生と会話時間を作る依頼をされた方が良いですか?それもまぁ1つの答えです。とにかく、週1の1時間レッスンだけではない英語コミュニケーション時間を持たせる事を考えてみてあげてください。CPCEではまぁ、宿題をたいていは出します。でも子ども達の心のキャパを見て無理ない範囲です。特に小さなお子様の場合は宿題はあまり出しません。それはお家では親子の会話中心であって欲しくって、「勉強」風に頼ってほしくないからです。どうしてもそれがないと不安なら、それはそれで、市販のドリル教材やゲーム型英語教材を少しずつとか、幼児向けYoutubeを流すなどで十分付け足し可能です。お願いは、先ず親子会話をどうするのかを考えてください、親が少しでもChantic先生と話している姿も見せてあげてくださいということなんですね。親は子の最高の学習ロールモデルでコミュニケーション相手、そのお手伝いをさせていただきたいと思います。

  • CPCEではご希望の方にはオンラインでサポートの先生を検討します。一般スクールのオンラインと違い、教材開発を一緒にしているフィリピンの先生とワンチーム、通学の先生とのみまたはこのチームでの2~3人の先生の「●●ちゃんタスク・フォース」になります。

ご希望を伺い曜日/時刻/クラスの調整をいたします。

  • まずはご希望や調整可能な曜日と時間やクラスタイプ・コースをお伝え下さい。

  • CPCEは保護者様同士で、協調的に対応頂き、時間を融通調整したクラスで進んでいます。毎年譲り合って戴くご相談をする可能性もあります。特にOpenクラスの場合は、他のお稽古ごとの曜日や時間を変更可能性も含めてお考えください。

  • Openタイプをご希望の場合は、適切なものがあれば、空き枠をお伝えします。

いくらかかるの?

「一般の子ども英語塾や保育園形式と違う本当の少人数で絶えず Face to face, One to one、「外国人の先生と楽しく(さらに日本人の先生の補助付きで理解)」「ビデオやペーパードリルなどでない、聞く・話す本物の双方向コミュニケーションで体感し続ける」これを揃えようと思うとすっごくコストが掛かります。だから、スクールは通常とってもお高く、2~3人なら2万円~3万円台、1名なら4万円台が平均的。これ、1時間です。お値段の問題もあり、多くの個人やフランチャイズのスクールは(少人数という呼び名の)中人数・大人数にすることで1万円を切るように設定します。大手さんの駅前校なら、8人10人で1万円以上です。

積み木で遊ぶ子供
みんなに気軽に本物の英語環境を始めてもらいたいから。


子ども達一人ひとりを丁寧に見てあげたい。充足感や成長を大切に、少しでも密な体験をして欲しいと思いました。だから、絶対少人数。それをちゃんと時間を取ってあげて欲しい。だから、一人あたり単価×時間×定員数で比較すれば、外国人先生の大手の1/3~半額で、英会話教室チェーンの日本人先生の半額ぐらいを目標にしています。​​

週1時間のレッスンだけで話せる様になるの?いえいえ…
日本語(国語)他の4教科と違い、そのままなんとなく過ごしていると英語時間は日常生活の中に無いのが普通。簡単で良いので少しでも多くの英語に触れる時間、親が率先して話しかける時間や一緒に学ぶ時間をお家で作ってあげてください。それが一番。でもお家で難しい場合は、追加の時間を考えてみてください。
細く長~い年月より、お子さんが楽しめる範囲で1年間2年間だけは、しっかり楽しく濃く多く、メリハリをつけるのが、効率良い習得のポイントです。他と同じ条件なら倍の時間。同じ時間なら濃く。
先生達はプロです。フィリピン人だから欧米人より安くて当たり前だよね?安いから利用してみよう。そういうお考えの方はご遠慮くださいませ。
  なんでこの料金でこの少人数レッスンができるの?
理想の教育を考えたくてボランティア感覚の非営利プロジェクトチームです。ALTよりずっと安いけど国が許す限りの低い額で来日くださっている先生や海の向こうで無償サポートしてくださっている先生達のご厚意に甘えてここまで来ました。今年からは海外はフェアトレードで、来日の先生には少しでも生活費を補ってあげたい。日本人は無償ボランティアでいいよね?のれん代や施設借用にお金を使わず、手作りで出来る範囲で。だからこの料金。頑張り過ぎているので、そのうちほんの少し上がるかも...その時はご協力ください。
QS_20220611-220806.png
QS_20220611-220856.png
QS_20220611-220954.png
QS_20220210-153311.png
QS_20220611-222352.png