お問合せ CONTACT US

 
よくあるご質問 FAQ

低年齢向けコースを前提として書かれているものもあります。中学生から大人の方の場合はその点をご了承下さい。

レッスン時間・内容

コースの時間割はないのでしょうか?時間がわかりません。


はい、現在は事前設定のコース別時間割はありません。皆様のご希望時間と私共の対応可能な時間や公開型で余裕枠のあるクラスのマッチングを基本としております。これは皆様のご都合が他のお稽古などとの関係で様々であること、私達のクラスが1クラス、1~3名を基本としていること、2020年に正式開校でまだ公開募集中の時間・コースが少ないこと、などが理由です。ただし、いくつかのすでに有り時間の決まっているレッスンで追加で1名など公開募集している場合はあります。これは将来的にweb上でコマを公開する可能性はございますが、現時点公開をしておりません。お問い合わせ下さい。
公開コースへの参加をご希望の方へのご案内
お子様のひとりでの体験レッスン(含むレベルチェック)後に、合う公開コースが有る場合はその日程をご紹介しております。なお、一般的には皆様が取られている時間帯(公開コースを見つけやすい時間帯)としては~3時迄が幼稚園児、3~4時小学生低学年、4~6時小学生中学年~高学年、中高生7時~が多いです。




開始時間終了時間はいつでしょうか?


夕方6時までは小学生が多く、通常は1時間毎にクラスを区切っています。
2時過ぎ(幼児向け2:10頃~)~、3時前後~(1年生がこの時間は可能)というように。
夜は30分単位で調整をさせていただいております。中高生で1.5~3時間(1~2教科、1~2コース)、RapidResponse(オーディオリンガルメソッドトレーニング)やPhonicsでは1時間を中心に30分なども受けています。RapidResponseやPhonicsはオンラインでも対応は予定しております。




2時間レッスンとか、3時間(学校終了後6時迄程度)など可能でしょうか?


枠があいていれば可能です。
内容は保護者様とご相談しお子様により良い形を決めていきます。
小学生の場合の例示:複数コースのミックス、総合コースにアクティビティ型を加え予習復習の形でダブらせるなどで定着や拡充を図ります。現在はお子様の集中は2時間が限界と見ていますので、3時間のべったりレッスンは考えておりません。3時間ですと、どうしてもある程度距離をおいてあげて遊びの時間のようにしませんと子どもが煮詰まってしまいます(本を読んであげるという1時間をセットしても毎週であれば煮詰まりますし、一緒に部屋遊びでも他のレッスン時間への学習意識へも良い影響を与えません。お天気が良ければ外でお話をしながら散歩もあるかもしれませんが、一定の年齢と語学力がないと安全面含め問題もでます。
なので、3時間レッスンはお受けしませんが、
2時間学習のお子様の場合に、例えば6時まで、残り1時間を空きスペースで学校の宿題含め自習や読書をすることは可能です(無料)(オーナーがいる場合のみになりますが他教科の質問も受けます。ただし無償ですので時間的に可能な範囲のみです)。他のお子様の勉強の妨げになる場合はご遠慮願います。
中高生の場合の例示:7:00前後以降で英語でStandardコース+Rapid_ResponseやRnS_Phonicsその他テーマを都度決めて2~3時間や2教科3時間のケースであったり、2時間学習+1時間は自習(何かあったら相談可、空きスペースがある場合)なども可能です。
留意点
このスクールは保育園ではありませんし、保育資格を有しておりませんことはご留意ください。また、フィリピンの先生は保母さん・幼稚園の先生のようにも優しい雰囲気で子どもに好かれていますが、あくまで技術・人文の高度技術者「英語教師や英語技術対応専門職」の申請認可で日本に入っています。稀にフィリピンの先生ということで家政婦さん・学生バイトさんの様に料金交渉や、指示通りの機会作業をご希望される場合、一般的な集団保育カリキュラムと同等の料金と時間などをご期待される場合などがございますが、それらには対応致してりません。あくまでもご協力出来る範囲での対応検討とさせていただいております。ご了承いただきたく思います。




スポットでお休みの日に半日/1日などお願いすることは可能でしょうか?


調整が付く範囲では可能です。
日頃レッスンをご契約いただいている生徒さんを基本想定としております。新規の方は団体で公的スペースで開催のイベント(全責任は主催者団体側)のみ検討をさせていただけます。
内容と保護者様の付添い
スクール外(公園施設行楽/お家でのお誕生日会等)へお呼び頂く場合は、安全面他自己管理できるお子様の場合を除き保護者様のお子様帯同が必要です。小学校高学年~では保護者様なしで江ノ島・鎌倉エリアで同行&英会話実践などはございます。スクール内で数時間を保護者様なしでお子様が過ごされる場合は原則小学生以上とし、A. レッスン(通常内容の復習やスポットなど) B. 自習や読書、C. 簡単なお菓子やパン作りや食事時間などで過ごします(要事前内容と費用の合意)。フィリピンから来ている先生は外国語の専門家としての滞在許可ですし、日本人教員・スタッフも保育資格保有者はおりませんので、その範囲の責任と機会の提供という考えになります。 費用
先生が対応の場合は先生のレッスンに時間に関わる費用が必要です。たまたまお受けできここでの自習のみの場合(非常に稀だと思いますが)は茶菓等諸費用のみです。ただし、先生の外出対応を伴う場合は交通費その他必要となる実費はその場で直接先生分をご負担いただきます。稀に一部のケースではスタッフが関わりスタッフの実費(時間対価はケースによります)を頂戴するケースがあります。




夏休みの合宿や集中レッスンはありませんか?


申し訳ございません。現在具体的に計画中のものはございません。
残念ながら、以前に企画案としてはありましたが、現時点計画中のものはございません。
価値
集中して1~数週間英語を午前半日行うなどもは非常に効果的ですし、数日の高原エリアでの合宿なども素晴らしい思い出+英語集中の日々になるとは思います。
今後の検討について
生徒様個人でも、生徒様グループでも保護者様から具体的な希望をお出し頂ければ対応を検討させていただきます(先生の費用・スタッフの費用等の基本の考え方スポット・イベントの項をご参照下さい。もちろん参加される生徒さんで等割となります)。
海外はセブ島であれば私共の現地の先生や過去このスクールにおりました先生、遊びに来た先生に会って頂くコーディネーションなどは可能ですが、提携校などは設定しておりません。しっかり短期留学したい場合はご自身でスクールをご契約下さい(こちらが持ちうる現地・スクールなどの情報は提供させていただけますけど...期待はされない範囲でお願いいたします)。
2020年度
2020年度はパンデミックなどの問題も有り先生のお休みスケジュールも通常年と変わる予定ですので、難しい状況です。




家庭教師、パブリックスペースへの教師派遣はできますか?


はい。承っております。ただし、以下の点はご承知おきください。1名でも複数名でもプライベート扱い(公開型ではない)で行えます。
ご契約の前に
女性かつ外国人教師である場合など特に相応の配慮が必要ですので、事前に面談と数回の試験運用(男性日本人教師同行を含む等)の後正式契約を判断させていただきます。
※すでに通常レッスンをお受けいただいている生徒さんが後日移行の場合はこのプロセスは簡略化されます。また、WiFiでのインターネット接続環境をご準備下さい。稀ですがレッスンの品質確認のため遠隔モニターを行う(保護者様も見ることは可能です)、レッスンでインターネット経由で教材を利用の場合があります。
アクティビティの制限
スクールでは大きな声を出す、壁に教材を貼る、いろいろな教材を使う、動きのあるアクティビティ、インターネット接続などが年令によっては含まれます。先生は車を運転しませんので運べる教材は限られますし、場所場所で許容される内容の制約を受けます。従って机でのお勉強カラーが強まります。
追加費用発生の問題 生徒さんへの公平性を期すためと、営利を目的とせずレッスンコストを低く押えております関係上いくつかのルールが発生したします。詳細既定はお問い合わせ下さい。
1.訪問のための移動時間もレッスン時間に含め計算し、30分単位のスクールでのレッスン時間枠で対象時間を決め、その中で移動を開始します(バス・電車の場合の待ち時間も移動時間に含まれますのでご注意下さい。近傍はお天気次第で電動自転車・歩き、スタッフの送りなどに変わり結果的にレッスン時間が日によって若干異なります。 2.交通費を申し受けます(鎖大師以北、片瀬江ノ島を除く小田急沿線、江ノ島~鎌倉高校前間を除く江ノ電沿線、鎌倉山以東など。使用する移動体は日々変更でも、バス・電車料金で計算し4週分/月で申し受けます。) ※お家の方がスクールまで送迎なさっての調整は可能です(お車に適正額の保障のある搭乗者保険などは必要です。)
団体での公的スペース(コワーキングエリア・自治会館等)の利用
複数ご家族、団体様などで施設をお借り頂き訪問をさせていただくことも可能です。
レッスン料は人数が増えると下がり仕組み(通常の料金体系)ですので、遠方の方の場合はこの方法により比較的リーズナブルにお家の近くでレッスンを開催することも可能かと思います。




先生は指名できますか?


申し訳ございません。いくつかの理由から承っておりません。
私共のスクールは少人数であること、かつ多くの先生がフィリピンからローテーションで日本に来ること、専門分野やキャラクターから適性が異なること、カリキュラム作成の主導分野や開発とレッスンの分担などを内部で状況を見ながらバランスをとっていることなどから融通は効きません。
「全員が意識を高く持ち、ベースにある実質品質を上げ、温かさと品質をバランス良く高いレベルで安定的に提供」するということ
その代わり、カリキュラムは教案(指導ガイド詳細)など含め細かく決め・チームで確認や作成をお互い補完的に支え、時折レッスンの相互見学と意見交換を行う、常時生徒のさんの状況の共有など行っております。大手さんの弱さ(表層化)、個人スクール(属人化)の弱さを消し、を目指している結果とご理解いただけますと幸いです。これらをベースに、通常担当の先生はコースや内容でこちらで決めさせていただきますが、非常時他なにかのときはそれぞれが代行をしてもご安心いただける環境を可能な限り尽くしているとご理解いただけますと嬉しいです。




土日のイベントなどはありますか?季節のパーティ・イベントは?


たまにですがイベント型を設けたいとは思っています。
ただし先生もフリータイム扱いで参加のいろいろなコースの生徒さんが自由に集まれる交流イベント的なものはどうしても限られてしまいます(大人の英会話教室と違い会話が英語で弾むレベルにもないので、日本語での集まり・お子様と先生との思い出づくり、保護者様もスポット英会話練習?になります。BBQ、遠足など)。ただ、現実には企画をお手伝いいただく方が見つかっていない他の理由からなかなか企画ができておりません。
クラスごとのイベントの開催
昨年レッスン中でお菓子作りなどを含むハロウィンやクリスマスのイベントを行いましたが、これは準備が大変で複数クラス一斉がなかなか出来ません。保護者様のご希望があればそのクラス(全クラスではない)で行う形になります。クラスでご希望頂き、エノスイや近傍の公園/施設に行くなどは可能・使い方によってはいい英語経験かとは思います(1~数時間分のレッスンを振替にするなども対応はいたしますし、そのイベントに向けた事前の英単語やキーフレーズのレッスン時間を設けることで英語レッスンとしても有効になります)




帰国子女なので英語を忘れないようにという形でレッスンを考えたいのですが。


お子様の場合は対応致します。
フリーデザインなら、お子様の興味関心に合わせ、レベルを見ながら一緒に教材を選んでいくことも可能です。好きなテーマややりたい学習に合わせてサポートを致します。
小学校高学年以上、しっかりお勉強型で英語の学習というのであればEOPコースという方法もあります。ただし、CLIL(他教科を英語で学習)は現時点小学校低学年のドリル程度は可能ですが残念ながらその上はお受けできません。
なお、高校生以上などでは普通に会話時間を伸ばす・ハイレベルの会話・文法練習をするなどは、一般には、海外のオンラインスクールなどの方が効率とコストパフォーマンスがよろしいかとは思います。




親向け・大人向けのコースはないですか?


現時点、特に決めてのコース開設はしておりません。
これは、保護者様などの目的やレベルがそれぞれ子ども年齢のレッスンニーズより大きく異なるためです。
1.乳幼児への語りかけとなる英文を話せるようにし、発音を良くしたい(保護者様)
2.子どもがレッスンで学んできた後の復習を支えたい(保護者様) 3.英語は話せるのだが忘れないようにしたい。もっとレベルアップしたい(保護者様) 4.TOEIC対策や留学試験対策などしたい(社会人・大学生の方)
5.仕事上必要なのでビジネス英語・プレゼン他の練習をしたい(社会人の方) 6.外国人の対応など文化交流ができるように英語を学びたい(ご年配の方)

ご相談頂ければ対応できる範囲において個別にFreeDesignとして対応致します。
お母さん方で同じ対応のレッスンをご希望の場合、お子様と同じ料金体系で2~3名でレッスンを受けられれば、目的を適切に達しつつ非常にお安い英会話スクールのようになるかと思います。お薦めです。
プレセンなどはDiscussionコースなど基本のデザイン骨子を定めたものはございます。試験対策などはコーチングと称して非常に高い費用を取られるスクールさんがございますが、ハイレベルを目標ででない場合のTOEICに関しては当スクールの通常の料金(FreeDesign)で軽いレベルのコーチングを致します。




自習ができるのですか?


はい。ごく僅かですがいくつかの条件下で可能な範囲、図書館のような利用としての環境を提供しています。
1.当スクールの生徒さん(小学生~高校生)であること
2.自習・読書が静かにきちんとでき、他のお子さんの邪魔をしない&譲り合えること 3.スクールが空いている日で、かつ空きスペースがあること
各部屋の開放状況は日々異なりますので事前にご相談いただく必要があります。
A. オーナーが居る場合は、勉強の不明点をオーナーに聞くことは可能です。
B. 通常受講のレッスン前後の時間は完全に無料です。ほかの時間は無料の場合と若干の管理費を申し受ける場合があります。





学習内容と成長

宿題はありますか?


コースによって形は変わりますが概ね宿題・予習復習の要求があります。例えば、
小学生のComprehensive ESやRnS Phonice ESなどはレッスンで習った範囲でワークシート型で宿題が出て翌週にチェックします。ドリル宿題中心+チェック型の塾とは違い、レッスンが主体でかつ宿題もチェックです。先生に学ぶことの重要性と家でも勉強する癖をつけることを狙っています。一方でプリントの量は多くはありません。幼児~低学年にとって重要なのは、ご家族の支援での声に出す・音のアドバイスをもらう、生活の中でその言葉を復習するなどが重要だと考えており、プリントを埋めるのでは同じ効果は出ません。
Rapid Response やRmD Phonics ADは予習/復習の要求はしますが提出物はありません。翌週冒頭の復習確認テストに簡単にパスして前へすすめるのか否か?レッスンの飲み込みが早いか?と育形で進捗結果に現れてきます。
中学生のSS Standardも同様でプリントの宿題などは原則ありません。ただし、生徒が主体的に学習プランを考えることへのアドバイスとその予実チェック支援などを行い、内容の定着化+自律力を育てることを大切にします。




大手さんでテキストブックなどが多いのに比べ、少ないようで不安です。


他のスクールさんのようには多くないですが、それで良いと考えています。お子様本人が追加を望むときにはそれに合った補足を考えてあげたいと思います。
他のスクール経験の生徒さんの受け入れの際に、そのスクールさんで使っていらしたテキストブックと履修・記入作業状況を確認させて頂き、パフォーマンス・チェックをすることがあります。今までの場合、どのお子様もテキストブックやその作業量とはかけ離れた低いパフォーマンスしか示していません。完全に消化不良なのです。
適切な時期での好きなものからの多読・多聴は良いですが、習い初めの1年目に意味もわからず多聴をさせても、意識のある大人と違い簡単には音を聞こうとしませんので学習はしません。好きなアニメなどで聴き込もうとすれば別ですが。きっと上記の子たちはマンハッタンやロンドンの地下鉄に放り込まれた様な感覚だったんだろうと感じてしまうのは私だけでしょうか?それでいて先生はレッスンで日本語中心だったりと聞くことすらあります。「教材で教える」のではなく「教材を教える」に終わった結果と思います。
私達は、お母さんとも協力しながら、お家での自然な会話に英語を少し取り込むこと含め、焦らず、少しずつ地に足のついた形でしっかり一歩一歩、歩かせてあげて伸びる力を付けさせたい。そんな形を理想にしていきたいと思っています。頭でっかちに練習させても嫌いになったり、五感とのリンケージが弱いのですぐ忘れたりで良いことはありません。
でも、お子さんが自ら望む場合は、市販のものであれ何であれ、なにか探してきて与えてあげたいと思っています。




週1時間で英語ができるようになりますか?ならないと思うのですが。


私もそう思います(笑)。
正直に申し上げ、予習・復習をせず週1時間レッスンだけで記憶し話せる様になるお子様は極極わずかであると思います。外国に1年居れば…と良く言いますが、これを1日4時間(半日)週20時間を1年間とすると、大学生の留学で1日8時間コース週40時間6ヶ月というのも同じですね。週1時間だけなら時間だけ考えると20年かかる計算です。インターナショナル幼稚園や小学校に数年…それはその数倍です。相応の時間はかかります。1日15分30分で3ヶ月6ヶ月で話せるという宣伝がありますがそれには裏があります。
どうすべきなのか?
1.闇雲に拡げすコアをしっかり習得する。2.きちんと復習をして定着を図る。3.単純に記憶に頼るのではなく、適切な理解やイメージ化、記憶のネットワーク化、ストーリー化を図る。など。
この時に、4.飽きさせない・好奇心を上手に活かすetc.
も効果的効率的学習には必要になります。
1.と3.は教え方にも関わってきますけど、日頃からおうちで2.と4.を配慮してあげていただきたいと思います。スクールでも1~4でいろいろ考えていきますけれども。
なお、そんな中、復習もいろいろな方法があります。そこに、如何に生活の中に織り込んだ復習にするのか? 早めにもう1時間、五感とはいえなくとも三感(聴覚・視覚・体の動き)を使って総合的に擦り込み刷り込むのかとなります。できれば2時間レッスンをご検討下さい。結果は全く違ってきます。もしくは30分1~3日後の夜にオンラインでも良いので先生との復習時間をご検討下さい。もちろんお母さんが見てあげられるのならそれでOKですし、お母さんがスクールでプラスアルファを学んでお子様にサポートも非常に良い方法です。 (小さいお子様の場合)でもそれよりも家の中で家族で英語が交じる生活を始めるほうがずっと効果的です。

実際のケース
この1年のモニタープログラムでも、1コマのお友達とのレッスンに加え1コマ予習をしているお子様がいます。この1コマは非常に効果的に機能しています。 お家での復習、宿題などをしていただきます。小さいお子様の場合はお母さん他保護者様のお家での学習協力を頂いています。





費用と契約

月謝の支払期日はいつですか?カードや銀行講座引き落としはできますか?


月単位の前払いです。
前月末までのお支払(どんなに遅くとも当月初週)にお月謝をお持ち下さい。お持ちに慣れず振り込みを希望される方にはこちらの口座をお知らせ致します。
クレジットカード、銀行引き落とし
申し訳ございませんが、クレジットカードの取り扱い、銀行引き落としの取り扱いは行っておりません。




夏休みを長めに1ヶ月取ればその間1ヶ月分お月謝を払わないでOKですか?


申し訳ございません。先生のリソース管理等にも響きますので、お受けできません。




転勤などで長期に空けます。休会は出来ますか?


基本的には一旦通われた方は転居などの場合は永年会員扱いとし、戻られた時に新たな入会費など発生することはありません。ただし、詳細の個人データなどは1年を持って消えるとお考え下さい。ただし、税務上残さなければならないデータなど国が定めるものは必要期間保持されます。なお、他のスクール・受験塾等へ一旦転出されるケースは退会となり、再度入会の場合は入会費が発生致します。




中途でのコース・レッスン時間の変更はできますか?


はい可能です。
個人レッスンの場合
は完全に自由です。その時々の目的や状況、優先順位で必要なことを優先させていただきたいと思いますので、コース名を意識せず何なりとご相談下さい。
グループレッスンでは
いくつかの留意点があります。
まず、
グループ全員での時間変更はスクールに空きがある限り何ら問題はございません。
グループ全員でのコース内容変更も同様に問題はございません。
ただし、グループからの他のグループへの移行。独立の時はまず月額料金が変わります。なおご請求は致しませんが抜けられて人数が減った元のクラスの方の費用は一定期間後も新たな生徒さんが補填されなければ料金が上がりますので円満にグループを抜けられますようよろしくお願い致します。




1人ですけど、他のお子さんが入っても良いので公開扱いにしていただけますか?


公開扱いにするかしないかはスクール側での判断となります。
以下3つの基準で判断させていただいております。
1.他の生徒さん¥が加入される汎用性(レベル・コース内容・タイミング)、と入る見込み 2.生徒さん側がプライベートにしたいか・公開で追加増員を希望されるか。
3.公開の際に許容できる生徒間のズレの範囲(スクール側と生徒さん側の許容範囲)




プライベート(Private)と公募(Open)はどう違いますか?


基本的には、お友達やご兄弟姉妹、2名様以上で始められる場合は、他のお子様は入りにくいためプライベート(Private)クラスになります。
公募(Open)とはどなたでも条件が合えば入れるクラスです。ただし、条件として、既にお入りにっている生徒さんとのレベル・相性・その他などを判断させて頂きご案内となります。
また、もう1つの大きな違いは、Privateでは個別ご要望も可能な範囲調整してのレッスン進行が可能です。Openクラスはスクール側で生徒さん状況を判断し汎用コースから適宜レッスン内容を調整します。
Privateのクラスでも、稀に、雰囲気・レベルその他からスクール側から追加1名の受け入れをご相談する場合があるかもしれません。このケースでは受け入れていただいた場合に公開扱いの費用になります。
当初Openクラスで集まった生徒さんのケースでも、お二人が仲良くなりレベルも合っていて2名だけで安定的に続けたい場合などにプライベートに変更することは可能です。




先生がお休みをされるなどで回数が減った月はお値段が下がりますか?


一旦支払いの原則
スクールの休みが集中した場合として稀に1ヶ月内のレッスンが2~3週になる可能性がないとは言えませんが、その場合も他の月同様に一旦お月謝をいただきます。
払い戻しの原則
ただし、スクール都合で大きくレッスン回数が下回り代替レッスンが調整できない場合に1週あたりお月謝の1/4を返金させていただきます。具体的には、レッスン回数が
A. 年間46回を下回った場合
B. レッスン回数が半期で21回を下回り残り半期で年間46回が達成できないことが明白と見られる場合

C. 翌長期休みなどまでに調整の目処が見えない場合。
とします。
代替レッスンの調整と上記での例外
ただし、個人理由扱いとなるお休み、「パンデミックや、危険な天候等」で振替日程をよく長期休みの午前中など含めスクール側で複数提示するも、合意調整へのご協力をいただけなかった場合などはこのお休み計算には参入されません。
なお、震災などで長期に全面停止が必要と判断した場合はその月のレッスン不履行分精算を行い、スクールは機能停止いたします。




特別な配慮が必要な子ですが可能でしょうか?


障碍や病弱のお子様等に対して、不登校等のお子様に対してなどは、対応できない特別な理由がない限り、出来得る限りご希望に対して寄り添いレッスンを行うことは私達の当然の努めと考えています。
段差はありますが、車椅子で入ることも可能です(トイレも車いす用の大きなものではございませんが、手すり付きで、必要な場合に介助は可能な範囲させていただきますす)。
ただし、先生や他の生徒さんに危害を加える恐れがある等の場合など止む終えないとスクールが判断した場合にはお断りするケースはないとは言えません。




契約・解約は年単位ですか?いつまでに言う必要がありますか?


契約タイミング 入学は随時受け付けています。 解約 できるだけ早めにお申し出下さい(できれば半期前)。突然の解約は以下を考慮しお控えいただきますようお願い申し上げます。特にすぐ止める意図・可能性を隠した仮契約と突然のキャンセルはお控え下さい。
A. 少人数クラスであるため他の生徒様へのインパクトが非常に大きいです。
B. 私達のスクールポリシー・メンバー選定・規模では日本に滞在する先生の人数のコントロールは大変であること(ここでは、日本に滞在している外国人やバイリンガルの方を適宜雇うという形はとっておりません。先生の資格を持ち、かつ、妥当な性格・やる気、子どもが好きなこと、素養・教養が十分であると判断されることを条件としています。なお、「先生を1名を日本に招聘する/呼び戻す」事に2国間の事務手続きだけで3ヶ月以上と40万円ぐらいがかかります)し、先生を突然探すのであればその期間がさらに+になりますことをご理解ご協力いただけますと幸いです)、
なお、不慮の事故や病気、保護者様の転勤指示他避けられない事実が突発的に起きた場合はこの限りではありません。





お休みと振替受講

お休みはいつになりますか?5週目もありますか?


スクールのお休み計画の基本ルール
「5週目休み」、「祭日休み」は計画しておりません(年末年始を除く)。お休みには事前にご案内する計画休校と臨時の休校があり、年間44回の開講保証となります。これは、月4と呼ばれるお月謝制の小規模お稽古、大手英会話チェーン、大手塾(祭日 and/or 3季休み)などの41~44(多くは42~43)程度の回数に準ずる数字です。

その他

流行性感染症のエピデミックや非常事態宣言での役所指示への対応、学校での集団感染等の場合に、一時的にレッスンをオンライン対応や後日の学校長期休み時期への延期などの調整をお願いする場合がございます(お月謝はその間もいただきますが、その後の学校の長期休み時期等でも対応できないと判断した場合は払い戻しを行います)




個人の理由でお休みする場合、振替レッスンはありますか?


ご契約上は振替レッスン保証はございませんが、実際として、事前の申し入れがある場合及びやむを得ない緊急時の場合に際し、先生が空いている日時に限り、鋭意変更として対応はさせていただいております。(現時点までは実績として100%皆様の振替希望に対応させていただいております。ただし、将来的に日々のレッスンが増えてくれば対応可能日時が限られてきますことはご了解下さい。代替日は前後週でも空きがあれば可能ですし、数カ月後の長期休みの午前中などでご要望頂く場合もあります)
対象は、悪天候で安全のため、ご本人の病気や怪我、学級閉鎖への対応、公共交通機関の停止・遅延、個人や学校のイベントなど。
なお、グループ・レッスンの場合は一部制約条件が発生致しますことご注意下さい。
個人のご都合で1クラスを2回に分けての開催の依頼などは本年よりお断りしております(事前にクラス生徒さん同士で合意調整頂き、代替希望日をスクールと調整いただきます)。
その他
詳細は面談以降にて別途ご案内させていただいております。





その他

レッスン時間内での大規模地震等災害発生時は?


非常に大きな地震などの発生時、近隣での火災発生時などには一旦レッスンを取りやめ避難を優先させていただきます。大規模地震では想定外の津波の懸念も考慮し速やかに対応致します。(なお、鎌倉市のガイドでは当スクールの一段下までで津波は止まりスクールは安全地域内とされています(津波シミュレーションMAPより)。また、建物は大手施工のプレハブで震度7対応となっています。)。避難は、倒壊の可能性のある細い道を除き中で最も早く標高が上がるルートとして、宝善院さんの横を通り片瀬山を目指します。その後を含め詳細は入学後にご案内いたします。




スクールへの通学の送迎をお願いすることは可能でしょうか?


全般
可能な範囲(日時)にて対応はさせていただきます。
ただし、専属のドライバー、スクールとしての車はございませんので、車が空いており日本人教員が対応可能な場合のみの対応となります。事前にご相談頂くことが必要です。悪天候などでスポットの場合もご相談頂ければ対応できる場合は対応させていただきます。
毎週の送迎ご希望でお受けする場合
こちら都合でNGの日はご自身での送迎や公共機関の利用をご協力ください。また、タクシーよりはお安いですが最低限の費用を申し受けます。詳細はお問い合わせ下さい。 夜の女子中学生の帰宅
お迎えに来ていただくことが望ましいですが、それが難しいご家庭には、安全対策としてご要望に応じ通常日は車での送り対応をします。(1日3時間または4時間のよるレッスン、2時間✕2のうちの遅番受講日など9:00以降。0.5km以上2.5km程度以内であればお家まで、遠方の生徒さんはスクール最寄りの駅まで)
事故時の補償
大手保険会社で自動車の損害保険の契約をしており、その会社での平均より相応に上の方の補償額の搭乗者補償額となっています。その範囲で対応させていただきます。




子供の写真がホームページやgoogleのスクール検索上に掲載されるのでしょうか?


良いレッスンの記録などではできればホームページ内など掲載をさせていただきたいとは思いますが、基本的に、プライバシーの問題・肖像権の問題がございますので、勝手に外部向けでの掲載はございません。ご安心下さい。

1.まず基本方針のご意向を伺います。
2.正面の顔が出る写真、ビデオで採用の場合など、利用範囲を明示し、都度個別に確認をさせていただきます。 3.ビデオでは元の録画では名前を呼ぶ等の音声が入っていてももちろん編集時点でカットしております。

現時点までホームページやMAP関連での紹介などCPCEのの写真全ては保護者様に個別にご了解(例えばネット紹介利用OK、配付物不許可など)を随時得て、その範囲に於いてのみ扱っております。

なお、当スクールでは、先生内のレッスン分析目的、保護者様への報告目的などから、時々レッスン中にビデオや写真を取らせていただいており、これは事前の許可は取らずに撮影する場合がありますことご了承ください。対象生徒さんの保護者様には写真やビデオをレッスン状況報告や記録として一部をお渡ししています。また、適宜判断をしながら削除し最低限をセキュリティを掛けて保存としております。




現在のCovid19、アレルギーなどへのスクールの対応を教えて下さい。


詳細は別途お問い合わせ下さい。ここでは大凡を記載しております。
1.政府・県や市のガイドラインへの準拠をしています。スクール自体は小規模で大人数が集まる場所では有りませんし、同時生徒数も少ないので他のスクールよりは比較的安全かと思います。休業指導や保証の対象になったことも有りません。
2.生徒さんには到着時は念入りの手洗いをしてもらっています。(帰りの手洗いは個人判断としています) 3.マスクは必須としています。忘れた場合は不織布のマスクをお渡しします。
4.空調は全館強制換気システムです。加えて、ときに窓を全開での換気を行いますが、花粉症等の問題も有り回数は制限されます。また低湿度への管理と加湿器対応をしています。
5.適宜、テーブル等は濃い次亜塩素水等で吹いています。
6.先生のマスクは基本的には抗ウイルス生地の数枚重ねが中心で適宜となります。
7.先生・スタッフは日常から3食スクールで摂っており、自転車・自家用車を中心に動いており、繁華街へ出たり、4人以上の会食に参加したりはしません。公共交通機関の利用も限定的です。
8.2Fに猫がいます。稀に降りてきます。アレルギー懸念のある方の場合にお申し出いただければ猫がおりてこないようにはします。冬は部屋は板の間では有りませんが、防ダニ防カビの敷物を使用しています。また適宜部屋の掃除はしています。
9.気にされる場合のオンラインレッスンへの切り替え他ご対応などは、ご相談いただいています。

ただし、以下はあります。
A. 一人ひとりが机で学習するペーパーや講義中心のスクールではなく、先生とも生徒同士も密なコミュニケーションを大切にしております関係上、お子様とのハイタッチや接触は通常行っています。また、衝立は設けていませんしテーブルは皆で一緒に使用します(と言っても先生1名に生徒1~3名着席ですが)。
B. 共同使用の教材(フラッシュカード他)や文房具は共用です。
C. 発音のために口の形を見せるなどで一瞬マスクを外す場合はあります。
D. 当スクールは特定のごく少数の生徒さんの来訪のみであり、お家の方もお子様を気になさって体調管理されていらっしゃいますし、体調不良や周囲での通われていらっしゃる学校や幼稚園保育園などでの感染者発生の場合に他の方への配慮も有りスクールをお休みされたりもさせていらっしゃる保護者様同士の信頼関係の中ですので、現時点、不特定もしくは多数が入る事業所のような検温器での検温入室までの管理は行っていません。

文房具に関しては同等のものを個別に持ち込んでいただいて構いません。特にご不安な時期にはオンラインレッスンへの変更ご要望なども対応しています。その他は個別にご要望がある場合はまずはご相談下さい。





 
お問合せフォーム​ ​INQUIRY FORM
  • FAQの情報をご確認の上お問い合わせいただきますようお願いいたします。

  • 以下のフォームにお問合せ内容をお書きください。通常 3開講日以内を目処にご返信させていただいております。

  • 通常のお返事は、Eメールとさせていただきます。

  • お電話でも対応可能ですが、電話に出られない場合が多ございますので、なるべくこちらからお問い合わせください。

  • レッスンコースのご検討・体験レッスンのご相談は、無料体験レッスン・ご見学のお申し込みページからお願いいたします。

  • ​このフォームで頂きました個人情報は当スクール内に保管され、お問い合わせの確認・将来のご案内・ご連絡等弊社事業に関わる目的のみに利用されます。なお法的理由など止む終えない場合の最小限の対象情報を除き、対象宛先である第三者に対し情報が開示されることはございません。

​※Eメールが不調の場合に、SMSでのご連絡ができるよう、可能な限り携帯電話番号をご記入ください。

※ 携帯メールアドレスをご記入の方は、当スクール(info@cpce-company.com)からの連絡を受信可能な設定をお願いいたします。また、一般に迷惑メールに入る場合があります。ご留意ください。